2005.09.22 Thursday

カルトナージュの楽しさは・・・

0


    先日の写真のワークショップの時、私の用意した被写体は、カルトナージュのトレイ。
    前日に急いで作ったので細かい所は不満ありありなのですが、布の組み合わせはもう頭の中にあったものなので、あれこれ迷わず作るだけでした。
    なぜなら同じ組み合わせで作る3個目の作品だったから。

    1つ目はフリマ用に作ったメモボックス(9月7日のブログにアップしてある写真の作品。無印良品のメモがすっぽり入ります。)このとき6個メモボックスを作りましたがこの組み合わせが一番気に入ってました。喜んで良いのか、売れ残ったので自分用に使用しています。

    2つ目はカルトナージュの教室で作ったレターラック。
    実はこの布 紺はふつうのクロスですが、花柄はローラアシュレイのはぎれ。もう残り少なくなっていたので後は小さい物しか出来ないな・・・とあきらめていたのですが、
    思いがけず柄も生かせて最後にひと花咲かせた感じになりました。
    トレイにはいろいろな作り方種類があるけれど、これはサイズにカットしてまわりの四辺をのりづけしたらそのまま土台と貼り合せるタイプ。
    生地の量も少なくて済むし、大柄も生かせて割合短時間にできるのが、気に入っています。

    同じ柄で作った物が三つ並ぶと、なんだか部屋のカラーに統一感が生まれてきます。柄は違うのだけど、ホビーラホビーレの白、紺で作ったミニチェストとティッシュボックス、ワインラックまで入れて落ち着いたトーンで秋らしくまとまりそうです。カルトナージュの楽しさってやっぱり、気に入った色、柄、サイズ、種類が思いのままに出来るところ・・・そして飽きたらまたガラリと雰囲気を変えて新しく作れる。
    し あ わ せ おてんき
    2005.09.21 Wednesday

    101歳まで生きる!(「本当は怖い家庭の医学」にはまる息子)

    0
      息子は言う。「ぼく101歳まで生きたい!」
      何で100歳じゃなくて101歳かは不明。
      ある日学校からもって帰ってきたプリントを見たら、そう書いてあったので
      まちがいない(七夕の短冊だったのかも・・・)

      息子はすこぶる健康で大病したこともないが、何事にも大げさな性格で
      (それは私に似ている?)
      ちょっと転んでも「足が動かない〜」と弱音をはき、スイミングスクールのクロールの息継ぎでも
      「苦しくて、死にそうだったよ!」なんて言ってる。

      テレビ番組「たけしの本当は怖い家庭の医学」のかくれファンで
      自分の部屋で一人、病気に当てはまる項目のチェックをしては
      リビングの私の所にやってきて
      「ぼくは全然当てはまらなかったから大丈夫だー。よかった。かあさんはどう?」
      なんて得意げに聞いてくる。
      普通、脳梗塞とか肝臓病とか小学生にピッタリ当てはまったら怖いよなー。
      あの番組意外と子供に人気あるのかな?
      大人にとってはほんと〜に怖い家庭の医学だけど。






      2005.09.20 Tuesday

      写真のワークショップ1回目参加しました!

      0


        本日、Tokoさんの写真のワークショップ1回目に参加しました。
        もう、とっても楽しかった!
        露出の補正の話から始まり、フラッシュはなるべく使わない方がいいとか、白熱灯は黄色く写るとか、窓の位置と光の入り方、etc・・・
        みんなは知ってるのかなあ?そういう事。
        私はこのサイバーショットを買ってから一度も露出の補正なんて触った事がなかった。(もう、デタラメに写真撮ってたって事だー!)

        講義を受けた後、いよいよ撮影会。
        みんなそれぞれ被写体を持参して、思い思いに撮っていきます。
        レフ板使用して接写したり。カメラの性能によってまるで写り方が違うと解ってはいたけど、ホントに良いレンズってすごいんですね。

        その後パソコンに取り込み、修正をしてポストカードに印刷。
        Tokoさんは2種類のツルツル用紙とザラザラ用紙を用意してくれていたので、それぞれの質感の違いが実感できて面白かったです。

        終了後はTokoさんお手製のパンとアイスティーと、今巷でブームのドライマンゴーをいただきながらの和気あいあいとおしゃべり。
        今日参加のみなさん、ステキで楽しい方ばかり。パンの教室を主宰されている方、お菓子の教室を主宰されている方、カルトナージュにはまっている方みなさん生き生きと日々を過ごしている方ばかり。私のブログを見てくださっているマダムにゃんさんにもお会いできたり、時間の経つのもあっというま。
        午後からのクラスの方が見えられたのを合図に名残惜しくもTokoさん宅を後にしました。
        次回までに素敵な写真をとって、ワークショップに持参したいです。

        自分の被写体の他、皆さん持参の被写体とTokoさんのパンも撮影させていただきましたので、アップしまーす。















        2005.09.19 Monday

        ジョニーデップのおかっぱ頭

        0
          チョコレート工場(ジョニー・デップ) 2006年度 カレンダー
          チョコレート工場(ジョニー・デップ) 2006年度 カレンダー
          ロアルド・ダール

          昨日、ついに観ました。「チャーリーとチョコレート工場」
          予想以上にすばらしかった!!!
          うちの息子は普段のジョニデとのあまりの違いにあきれてましたが、
          この七変化ぶりこそ彼の真骨頂ですよねー。

          あんなに白塗りで、へんなおかっぱで、入れ歯みたいな歯してて・・・
          あんな役いったい他に誰がやれるんだろう?(ちょっと、料理の鉄人の鹿賀丈史おもいだしちゃったけど)
          にくったらしー子供たちの中で、ひとり宝石のように輝くチャーリー役のフレディー君。
          チョコレート工場の小人の従業員ウンパルンパの奇妙な歌と踊り、シュールでうなっちゃいました。
          でも、最後はちょっぴり涙ぐんじゃう優しさ。
          もう、見はじめたら魔法に掛かった様に最後まであっという間でしたよー
          今のところ、私の今年の一番かも。

          次は海賊のイッちゃってるジョニデも見たいけどね。


          ハンドクラフトblogランキングへ
          2005.09.18 Sunday

          カルトナージュのお家

          0


            かわいいでしょ!?私が作りました。
            でも私のオリジナルではありません。
            ひょっとすると「何処かで見たことあるわ」と思った方が多いかもしれませんね。
            Atelier PetitPointさんの去年のクリスマスのHouse boxです。
            これを初めて見たときは心が高鳴りました。なんてカワイイんだろう・・・と。
            今まで私が作っていたカルトナージュとはまるで違う世界のものだわ。

            ご縁があって直接教えていただける事になり、(びっくりするほど ご近所さんだったり)彼女のお宅に伺ってレッスンしていただきました。他の作品もたくさん拝見させていただいたのですが、本当にどれもこれも繊細で可愛い、でも甘くなりすぎず清々しい・・・独特のPetiPointワールドなのです。

            そして今年の彼女の活躍は目覚ましく、秋からはカルチャーの教室を担当されるそうです。(人気も高く、もうキャンセル待ちになっているのですね)
            彼女のすごい所は、今のようにまだカルトナージュが知られていない時に独学で作品を作り始め、ネットショップも立ち上げてしまったという事。
            私が、ネットショップをやろうと考えるようになったのは、彼女の影響を受けた事もあるかもしれません。
            やっぱり私には無い繊細さと、感性にとても惹かれてしまうのです。
            そして、彼女の忙しさも承知の上で新作のアップをとても楽しみにしているのでーす!






            2005.09.16 Friday

            アフタヌーンティートレイできました!

            0
              今日は月1回のワイヤークラフトの教室に行って来ました。
              フフフ・・・待ちに待ったアフタヌーンティートレイ、出来ましたー!



              想像していたより実物は小さいのですが、ワイヤーはソフトなタイプを使用しているので(自遊自在という、鉄かアルミにビニールコーティングしてあるワイヤー)しかたないかなーと思ったのですが、
              土台の部分に6ミリ位の太いワイヤーを使用すれば大きなお皿を乗せるものも出来るそうです。
              4本の足のバランスをとるのが少し難しかったけど、制作時間は思ったより短かったです。

              教室に持参するのは、ラジオペンチ、ニッパー、スチールの巻尺。
              先生がテキストと材料を用意してくれていて、まず最初にテキストを見ながら、ワイヤーを全部
              長さに合わせて切ってしまいます。
              後は、先生の指示に従いつつ、テキストに要点を書き込みつつ、仕上げていきます。
              時間内は一生懸命にやっているので、この時ばかりは無口になってしまいます(本当はすごーいおしゃべりなんだけどね・・・)

              でも、いつも先生が用意周到に準備して下さっているので、この時間内で終わるのでしょうね。感謝でーす。
              私にとってこの時間内、と言うのはとても大事な事なのです。
              何故って、帰りの電車が1時間に3本しかないので乗り遅れると20分も待たなくてはならないんでーす。(単線の電車なの、トホホ・・・)






              2005.09.15 Thursday

              カルトナージュの通信講座

              0
                先日にも書いた Living room cafeのtokoさんがカルトナージュの通信講座を始めるそうです。
                わたしが地方に住んでいた時この通信講座があったらどんなにうれしかったことでしょう。
                カルトナージュに魅せられて、必死に教室を探したけれど皆無。
                その当時たった1冊のテキスト本をバイブルのように毎日繰り返し見ていました。
                今でこそ東京以外でもちらほら教室が開講されている様子ですが、当時はカルトナージュという言葉を知っている人すらいませんでした。
                tokoさんの行動力が潜在的カルトナージュファンを一気に掘り起こしているような気がします。
                カルトナージュを趣味とする人がたくさん増えるとうれしいな。
                そんな人たちとたくさんお知り合いになって、いろんなおしゃべりや情報交換したいわー!




                写真は小さなフォトフレームです。
                この夏に買った花柄の生地は人気の品らしく、いろいろな本で使用しているのをみかけました。ストライプと合わせると甘くなりすぎないで可愛いですよね。
                2005.09.14 Wednesday

                やっと咲きました

                0


                  ホウセンカがやっと咲きました。
                  息子の小学校の夏休みの観察でした。

                  私が休み前に鉢を取りに学校へ行った時、ちゃんと手入れをしていた他の子供のホウセンカは
                  りっぱに木のように育って、いっぱい花もつけていたのに、うちのは細〜い茎がひょろっと伸びていて
                  「なんなんだ!?この違いは?」
                  それでも息子は「あれ〜枯れてなかったんだ、今年は雨が降ったからだね・・・」だと。
                  どうも日々の水やりもほとんどしていなかったらしい。
                  そーいえば、去年は夏休み前にトマトの鉢植え探しに私と主人は商店街を探しまくったっけ。
                  夏休み中は外出も多かったので北側に鉢を置いといたらあまり大きくならず、南側に変えて水をガンガンやり始めたら、やっと可愛い花を咲かせてくれました。

                   息子ー! ソファーでゲームやナルトばっかり読んでないで感謝しろよー!!
                  2005.09.13 Tuesday

                  トゥルーコーリング最終回?

                  0
                    東京12チャンネルで放送中だったトゥルーコーリングが
                    今日で最終回でした。
                    ん?本当に最終回?これで終わっていいのかしら〜?
                    何にも解決していないのに。
                    私は結構面白く観ていたんだけど、アメリカでは人気がなかったって事?
                    これを制作した人たちは、当初深い意図や思い入れがあって
                    (それとも単なる思い付きだけか?)作り始めたんでしょうにね。
                    どなたかこのストーリーの後日談とかご存知ありませんか〜?
                    2005.09.13 Tuesday

                    写真のワークショップ

                    0


                      来週、写真のワークショップへ参加します。
                      主宰は、私の超お気に入りHPと大人気blog Living room cafeのtokoさんです。

                      彼女のサイトは発足当時から拝見させていただいているのですが、
                      その充実振りは目を見張るものがあります。
                      元々の専門である料理の他に透明感のある美しい写真、ハイセンスなカルトナージュ・・・いくら見ても見飽きません。

                      彼女とはカルトナージュのクラスでもご一緒なのですが、最初なかなかtokoさんと気付かなかったり、お間抜けな私でした。
                      私がカルトナージュのショップを考えるようになり、
                      もっと上手な写真を撮りたいなと考えていた矢先、
                      ちょうどタイミング良くtokoさんのワークショップが開かれることになり、さっそく申し込んだのです。
                      もう、今からとっても楽しみ!

                      上の写真一応カルトナージュですが 何だか解りますか?
                      実はワインラックを後ろから撮影したところ。
                      ほとんど、3ヶ月前位からこの状態で制作ストップしているのですが(フリマの準備したり、夏休みだったり色々理由はあるのよ〜汗!)
                      前面に引き出し2個付きます。もーすぐ、本当にもーすぐ完成しますから
                      出来たら、堂堂と正面からの写真をアップしまーす!

                      ショップにワインラック出そうかなーと考えていたのだけど。
                      頑丈に作る為 2,5ミリのカートンを2枚重ねで作っていたり、半円を切ったり、結構手間後が掛かります。
                      特別オーダーだけになるかな・・・・






                      Calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM